浦和中ロータリークラブ2018〜2019年度

会長 松本博史

クラブターゲット

「ひらめきを実現しよう  ひらめき  ときめき浦和中
〜新たなチャレンジと全員参加の奉仕〜」

2018-2019年度、会長を拝命致しました松本博史です。
今年度はクラブ創立29年目であり来年30周年を迎える歴史のあるクラブの会長として微力ではありますが浦和中クラブの発展のために尽力していく所存でございます。
クラブターゲットとして「ひらめきを実現しよう」これはRIテーマ「インスピレーションになろう」に沿って考えたものです。
会員個人個人のひらめきや感性を充分に引き出し、思いつきでも貴重な意見となることも世の中多々あります。
 そんな貴重なひらめきを引き出してそれを実現体現できる活発なクラブ作りをして行きたいと考えております。
 会員皆様のひらめきや意見が多く交わせるよう初めての試みとして「クラブ相談室」と「改善向上プロジェクトチーム」いうセクションを創設することにしました。この「クラブ相談室」でクラブに対する意見やひらめいた事を風通し良く出して頂き、皆でフォーラムなどで協議できるようにしたいと考えました。「改善向上プロジェクトチーム」ではクラブに抱えるいくつかの諸問題をテーマ化して協議し30周年更にはその先に向け、クラブが改善向上できるよう模索し今後のクラブの改善点、方向性、指標を打ち出せるようにしていきたいと考えました。
このような皆で意見交換が十分にできればクラブの今後の発展に寄与し、クラブの活性化、クラブのなるべき将来像を描けるのではないかと考えました。
30周年節目の年の前年ということでどちらかというと地味な年度のイメージではありますが、新たな事業にチャレンジしていくことも忘れずに行動しようと考えております。
奉仕活動に会員全員一致団結して参加し、皆が楽しくときめく奉仕活動を通じクラブの活性化ができるクラブ作りをしたいと思います。
新しいことに積極的に取り組みたいと考えており、その一つとして海外友好クラブとの締結も目標に掲げたいと思います。
また、楽しくときめく奉仕活動をするにも普段の例会への出席が一番重要かと考えております。為になる卓話を聞きたくなる、またフォーラムなどで自分の意見が言える、自分の意見が実現できる例会作りをして出席率を高めていきたいとも考えております。
もちろん会員増強についても会員数が少ないと資力も乏しく活気があるクラブ作りにはなりませんので新たな友人を増やしていくとともに退会を防ぐことにも注力したいと考えております。
せっかく入っているロータリークラブですので何でも良いので会員個人が浦和中クラブで熱意を持てることを見つけ、熱中して楽しんでいかないともったいないと思います。
クラブが活性化できるよう皆様と共に努力していきたいと思います。
年度の初めのご挨拶としてクラブへのこの1年の思いを書きつづらせて頂きましたが、年度の終わりには反省することばかりになるかもしれません。
何とかこの一年皆様のご協力無しでは当然成り立ちません。
私のやる気が皆様のやる気、皆様のやる気が私のやる気になります。
過去の良いところは取り入れ参考にし、かつ、それにばかりとらわれることなく衰退化するクラブにはならないよう心掛け、クラブの活性化目指してPositive Thinkingで最善を尽くすつもりでおります。

どうぞよろしくお願い申し上げます。